東京ハートラボでは、月に1回オンラインセミナーを開催しています。Zoomを用いてその時期に旬なトピックスを取り上げ、オンライン上で演者、パネリストが熱く議論をしています。忙しい日常診療の中で当日参加できるか不安、という方も、大丈夫です!見逃し配信がありますので、興味のあるテーマにぜひご参加ください!

これからの企画

2021年8月21日『THLオンラインセミナー:心不全とFMR 至適治療戦略を多面的に考える PartI』

『THLオンラインセミナー:心不全とFMR 至適治療戦略を多面的に考える PartI』
共催:アボットメディカルジャパン合同会社

【症例提示】
磯谷彰宏先生(小倉記念病院)

【パネリスト】
天野雅史先生(国立循環器病研究センター)
田端 実先生(東京ベイ・浦安市川医療センター)
松本 崇先生(湘南鎌倉総合病院)

【司会】
大野洋平先生(東海大学)
渡辺弘之先生(東京ベイ・浦安市川医療センター)

【参加対象】
医療関係者;ハートチームスタッフ、およびこれから合流予定している皆様、全職種、企業の方も是非どうぞ。

【配信日時】
2021年8月21日(土) 15時~16時半
※後日ウェビナーの録画を配信いたします!

【参加費】
無料

【参加方法】
Peatix<https://tokyoheartlab2108.peatix.com/>からお申込みいただき、チケット(イベントに参加)から接続をお願いいたします。
2日前までにお申し込みを頂いた方にはPeatixのメッセージでもお知らせいたします。
〔使用アプリケーションはZoomです。 事前にご自身で環境のご準備をお願い致します〕

皆さま お元気にお過ごしでしょうか。
東京ハートラボの8月イベントは心不全とFMRがテーマです。
すでにポピュラーともいえるこのテーマをなぜ選んだのか。それはまだまだ語り尽くされていないからです。

『心不全とFMR』は大変複雑な課題です。
原因、つまりエチオロジーが様々な上に、どちらが原因かわかりません。
心不全だからFMRなのか、FMRだから心不全なのか。
はっきりしているのは心不全がよくなるとFMRが減ることだけかもしれません。
良くなるときは砂漠の蜃気楼のようですし、悪くなるときは底なし沼です。

そして治療も複雑です。内科的治療の果てにマイトラクリップが待っていると言われていますが、ホントにそれで良いのでしょうか。全ての症例に薬物治療、CRT, 外科治療を検討とはいっても、どの順番でチャレンジすればいいのでしょう。侵襲度が低い治療で様子を見ている間に手遅れにはならないのでしょうか。

こんなふうに様々な疑問が湧き上がる上に、新規心不全薬の価値が強調され、マイトラクリップの成功・失敗事例も出てきます。隣の芝生ならぬ隣のチームがよく見える。自分のチームのジャッジはこれでいいのか、よくわからないという声も聞こえてきます。

そんなモヤモヤを少しでも消し去るため、case based sessionで、多様な職種の意見を聞きながら、この課題をもっと深掘りします。そこから先は皆さまのチームの出番です。暑い夏を皆さまのクールな頭で突破しましょう。
もちろん合い言葉は『アホかと言わない・思わない』。
皆さまの参加を心よりお待ちしています。

お知らせ

過去の企画

メニュー
/*Pardot トラッキング*/