プログラム紹介:TAKANASHI wetlab【第13回東京ハートラボ】

11月24日(土) ウエットラボ1
「TAKANASHI wetlab 〜僧帽弁形成術で最も大切なことは〜」

講師:高梨 秀一郎(榊原記念病院)

僧帽弁形成術で最も大切なことは、言うまでもなく確実な逆流制御である。形成術の最初はまず、その弁の良好な接合をイメージし、広い意味でそこから逸脱する病変部位を見つけ、それを正確に表現することから始まる(もっともこのことは術前に心エコー医と十分な意思疎通を図っていることが前提ですが)。それができた後はその病変部位を適切に切除した後、弁尖同士を再縫合し、最後に至適サイズの人工弁輪を装着する。また、必要に応じて人工腱索再建で弁接合高の最終調整を行う。以上、弁形成術の基礎を最も僧帽弁の接合をイメージし易いと考えられるフィジオⅡリングを使ってwet labを行なう予定です。

イベント詳細はこちら

第13回東京ハートラボ

開催日:2018年 11月24日(土)〜25日(日)
会場:TKP品川カンファレンスセンター/THE GRAND HALL
こちらから詳細をご確認ください。

メニュー