初心者でもわかる!心エコーブートキャンプ「TTEの基本と応用」【第11回 東京ハートラボ プログラム紹介】

今年の東京ハートラボは、心エコーブートキャンプと題して、初心者が安心して一から経胸壁心臓超音波検査(TTE)をトレーニングできるプログラムを用意しました。
初心者が心エコーの基本技術を身につけるためには、何よりもまず沢山の症例を経験することが重要です。
皆さんにできるだけ多くの症例を経験してもらうため、本プログラムでは2分周期で次々と症例を変えて、心エコーをあてる経験値をどんどん稼いでいただきます。
心エコー未経験者も、普段心エコーを撮らない方も、この一日で必ず心臓の基本断面を出せるように、エキスパート講師陣が一人ずつ丁寧に指導致します。
是非この機会に、心エコーのはじめの一歩を踏み出してください!

本プログラムのポイント
どんな初心者でも必ず基本断面を出せるようになる!
沢山の症例を一日でまとめて経験できる!
受講後は一人で心エコーを撮れるようになる!

コアメンバーからのメッセージ
スポーツは座学では学べません。そしてチームが最高のパフォーマンスを発揮するために、個々の選手は、繰り返し繰り返し地味な練習をしています。ハートチームも同じだと思います。心エコー図検査は不可欠なパーツですが、その技術を習得し高めるためには過酷な練習が必要です。
私達は、エコーハンズオンの進化形として、『ブートキャンプ』を提案しています。想定病名というシナリオの元、制限時間内に系統的心エコー図を完成させるにはどうするか?時間はどんどん過ぎていきます。周りは見てるし どうしようッ!
このように自分の快適な領域(コンフォートゾーン)から一歩飛び出すジムが、私達のブートキャンプです。少しでも多くの症例を経験することで、明日から役立つではなく、今日から役立つ心エコー図が身につきます。伝説を作る隊長はあの『大門雅夫』。ご一緒に汗を流してみませんか?
渡辺 弘之( 東京ベイ・浦安市川医療センター)

20161107thl_2
大門雅夫(東京大学 循環器内科)

東京ハートラボ開催情報・参加申し込みはこちら
メニュー