Yoshikawa Memorial Lectureを設けます

ハートチームに発信する東京ハートラボ(2016年12月3日、4日)は、我らが師匠 故吉川純一先生を追悼してYoshikawa Memorial Lectureを予定しています。

吉川純一先生は、その実力と人柄が世界中から愛され、心エコー図だけでなく世界の心臓病学でリーダーシップを発揮されました。また、心臓血管外科と循環器内科がチームを組むハートチームの重要性を世界に先駆けて訴えたことは、まさに慧眼と我々を驚かせました。東京ハートラボの源流は吉川イズムにあります。

東京ハートラボでは、吉川先生に対する私達の感謝と尊敬の気持ちを表すために、2016年からYoshikawa Memorial Lectureを設けます。第1回目の講師はMayo Clinic(メイヨークリニック)のProf. RA Nishimuraです。Mayoと吉川先生の交流はA Jamil Tajik先生に始まり、多彩な逸材に及びました。そのお一人がNishimura先生です。

Nishimura 先生は心臓カテーテル室から心疾患の血行動態に関して数多くのご発表を始められ、2014年にはACC AHAの弁膜症ガイドラインをまとめられました。このガイドラインが世界の弁膜症治療の潮流を変える大きな切っ掛けになったことはご存知の通りです。

RA Nishimura.001

2016年12月3日(土)4日(日)は東京ハートラボです。今年もご期待ください!

東京ハートラボ開催情報・参加申し込みはこちら
メニュー
/*Pardot トラッキング*/